りゅっち・歩美・敦紀・凜手(チョキ)の蒼き4姉弟の日々" />

2016年12月30日

天国のりゅうちゃんへ

-天国のりゅうちゃんへ-

 今日は、りゅうちゃんが天国に行った月命日でね!!
 今年も残り後2日となりました。
 一緒に年を越せれなかった事、残念です。
 天国で、どんな事してるのだろう? 
 海BUHIちゃんとしてる?顔(イヒヒ)
 
正直、りゅうちゃんが、虹の橋渡った後、
 家族バラバラとなりかけていました。
 しかし、りゅっちが1番、目をかけていた、凜が
 ”こんなん、りゅうちゃんが喜ぶ?”で、みんな八ッとしたよ!!
 りゅうちゃんが、残したくれた

  ひらめき 信頼・信じる心・1つなる思いひらめき

          確実に受け継がれてるよ黒ハートありがとうるんるん

 悲しくはないと嘘になるけど・・・前向かんとね!!顔(ペロッ)

 あの時に言った事、数年・数十年後に必ずして下さいね!!
  パパ・ママは待ってます。
 けど、クローズりゅっちでなく、やさしい子としてね!!
  (歩・敦・凜の子となって、パパ・ママの前に現れて下さいね!!)


FullSizeRender (002).jpg

IMG_0486 (002).JPG
ニックネーム りゅうパパ・ママ at 13:32 | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

ある思い

前回、終焉としていましたが、
あるネットで悩んでる方いましたので、そこでは書けないと思い
りゅっちブログで記載します。

 どんな子でも、楽しいです。
 本・ネット・情報はあてにならなかった、りゅうです。
 ですから、自信を失なわないで下さい。
 人間と一緒で、色々な性格がワン子にもいます。
 楽しんで下さい。
 
 下記写真は、11/30日、りゅうが他界したのですが、
 凜が生まれた時は、りゅうが3才
 凜は、今7歳で、小学校1年です。
 いつも、となりにりゅうがいた、凜については、
 未だに、りゅうが死んだと思ってません。
 毎朝、りゅうのお骨に話ししてます。
 今日も、りゅうの為に、自分で、キャンドルを作成しました。
 
 ですから、今は苦労していると思いますが、
 長い目で見て下さい。

 ぜ---------たいに、幸せ・絆・1つになる思いを運んで来てくれます。


IMG_0443.JPG

FullSizeRender.jpg

P1140120.JPG
ニックネーム りゅうパパ・ママ at 19:45 | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

終焉

皆様、お久しぶりです。
 ブログを何年サボってていたか・・・
 悲しいお知らせですが、
 りゅっち事、りゅうが
 11/30日 20:06に、虹の橋を渡りました。
 今まで色々とご迷惑おかけしていた事、お許し下さい。

 10/20頃急にお腹がでかくなり、太ったのかな?と
 思っていたのですが
 みるみるでかくなり、急遽病院へ!!
 診察結果、脳天くい打ちとなりました。
 脾臓癌から、肝臓に転移していおり、
 処置(手術)が難しいと・・・
 経過観察していたのですが、ものすごいピッチで進行が進み
 (病院の先生もびっくりする位の速さで・・・)
 肝臓の数値も1000を振り切り・・・
 急遽、最後の手段とし脾臓摘出手術をし、肝臓数値を下がる事を
 願い、かけに出ました。(11/24日手術を決行実施。)
 しかし、数値が下がる事なく、27日に見舞いに行った時
 ”帰らして!!”と今まで聞いた事ない声で訴え
 急遽連れて帰る事にしました。
(病院嫌いなりゅうなもので・・・)

 やはり、日に日に体力は衰え
 11/30日、あっくんの見える位置へズルズル這いつくばて行った所
 痛いんじゃろ〜ってお腹さすった時
 いつもやる、のびをし、
 気持ち良くなったんか〜って言った時に
 硬直し、そのまま逝きました。
 今、思えばこの格好が、りゅうの感謝の気持ちだったんかな?と
 思っています。

 10年3ケ月20日の生涯でしたが、
 りゅう家にとっては、とても幸せでした。
 しつけの出来ていなかった、りゅうですが、
 色々と、皆さまありがとうございました。
 ブログは、終焉とさせて頂きます。


IMG_0305.JPG


IMG_0301 (002).JPG
(季節外れのバラが庭に咲いていたので、りゅっちにあげました。)
 

りゅっち〜
パパと、できるか約束した

 風林火山 

  最後の最後したねぇ〜

   すげぇ〜悲しいけど、男らしいよ〜
 
 
 
 
 
 


ニックネーム りゅうパパ・ママ at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする